うつ病と不眠症の関係

不眠症で悩んでいる方も多くいると思いますが不眠症が発症してしまう原因の一つに精神にまつわる症状が関わってくるものがあります。例えばうつ病などはその代表格となっておりうつ病患者の方のほとんどは不眠症を同時に訴えていることが少なくありません。そしてうつ病にまつわる不眠症はうつ病を進行させてしまうこともわかっており更なる悪循環を引き起こしてしまいます。逆に不眠症からうつ病を発症してしまうというケースもあるためになるべくなら不眠症もしくはうつ病の初期段階にて早めの対処が必要と言えるでしょう。

不眠症を改善するための対策について

なぜうつ病と不眠症がこれほど密接な関係にあるのかというと脳内に多数存在している神経伝達物質であるセロトニンが強く影響しているといわれこのセロトニンが不足してしまうと睡眠に関わりのあるホルモンであるメラトニンの分泌が抑えられてしまい結果として眠ることができず不眠症になると言われています。そしてセロトニンが不足してしまうという状況はうつ病患者に見られる傾向であるためにうつ病と不眠症が強く関係している理由はここにあるというわけです。