バージョンアップはすぐにやるべきではない

パソコンを使っているといろいろなバージョンアップがある。
使っているツールや使用しているサービスなど・・・。
この世の中の様々なものがバージョンアップされていると言っても言い過ぎではない。
だけど個人的にはこのバージョンアップというのが嫌いだ。
特にパソコン関係に限って言えば。
物凄く規模が大きい場合はそんなに起こることでもないけど比較的小さな会社が
運営しているサービスとかツールをバージョンアップするとろくなことがない。
その部分だけがおかしくなるならまだしもパソコン全体がおかしくなることがある。
その原因がわかればまだ救いようがあるのかもしれないけどパソコンを毎日使っている
割にパソコンの深い部分までは理解していない上辺な僕は何か不具合が起こっても
それを自分で直せるほどのスキルを持ち合わせていないのだ。
そしてバージョンアップをする側にも問題があると思う。
もっと慎重に進めることはできないのだろうか?
何を焦って先走りする必要があるのか?
利便性だとか使いやすさが増すのはいいことだけどそんなものよりも不具合による
デメリットのほうがダメージが大きいわけです。
その辺をもっと理解してするなら万全の状態でバージョンアップしてほしいものです。
実験台にされている気がしてなりません。
だから僕はバージョンアップは期間が開いていろいろな問題が出尽くしてからしています。