脱毛と除毛の違いについての知識

「脱毛と除毛との違い」についてです。
除毛とは、皮膚表面のムダ毛のみを処理する方法。
例えば除毛剤、除毛クリーム、カミソリなど。
脱毛とは毛根からムダ毛をとりのぞく。
例えば脱毛ワックス、エステ脱毛など。
次にムダ毛処理の方法です。
ムダ毛処理の方法でいちばん手軽に思えるのが「カミソリでの処理」ですね。
でもこの方法、表面のみの毛を切るので、男性のヒゲのようにムダ毛がすぐに生えてきます。
しかも、先が太い切り株状の毛が生えてくるため、余計にムダ毛が濃く、目立って見えます。
また、必要な表皮までも剃り落とされるため、肌荒れの大きな原因になります。
いわゆる「カミソリ負け」ですね。
カミソリは特に肌に負担がかかり、肌が自らの皮膚を守ろうとして、皮膚がどんどん固くなっていきます。
では除毛剤・除毛クリームではどうでしょう。
除毛剤・除毛クリームによるムダ毛処理では皮膚表面のムダ毛のみを溶かします。
除毛の原理は、毛の主成分たんぱく質がアルカリに弱いという性質を利用したものです。
つまり、アルカリ性の薬剤をムダ毛につけ、化学反応させて溶かしていくのです。
同時に皮膚の保護膜までも溶かしてしまうので、肌に負担がかかります。
また、毛根が抜けるわけではありませんので、すぐに毛が伸びてきます。
カミソリのように剃るのではないので毛の状態、断面は太くなりません。
皮膚表面の毛を溶かすだけでは、本当の脱毛ではありません。
http://xn--navi-pl4cmda43a679wujxcvb8b317a.biz/