自分のムダ毛に嫌になりながらも必死に処理し続ける

私はムダ毛の薄い人を羨ましく思っています。
それは自分のムダ毛があまりにも濃く、処理をする時にとても苦労しているからです。
ムダ毛が薄かったらどれだけ楽な生活が送れていただろうとよく考えます。
普段ムダ毛処理をしていて、思うように剃ったり脱毛することができず、自分の肌はどうしてこうも厄介なものにできてしまったのだろうと、自分の体を恨んでしまいます。
今は脱毛器があるから助かっていますが、シェーバーやカミソリだけで生活するのはおそらく無理だったことでしょう。
すぐに毛が生えてきて処理が追いつかないのです。
毎日処理しても夕方にはたくさんの太い毛が伸びていて、それはもう見ているのも嫌になるくらい残酷な景色です。
おまけにじゃりじゃりとした不快な手触りもあり、もはや私のムダ毛は一般的な女性の処理の方法では満足できなくなっています。
すね毛を薄くする方法は男性にもぜひ見てほしいサイトです。

脱毛で引っこ抜いてやらないとどんどん成長していき、あっという間に毛むくじゃら。
正直言ってムダ毛処理のことばかりを考える人生は嫌なのですが、それでも女性であり続ける限りは自分の体と向き合い、どれだけ生えてきても脱毛したいと思います。